STD(性病・性感染症)とは性行為により感染する病気で、中には症状を感じにくいものもあり悪化させてしまったり、他人へ移してしまったりと非常に問題視される病気です。

STD(性病)とはどんな病気?

STDとはセックスやオーラルセックスなどのさまざまな形の性行為をすることによって皮膚や粘膜を通して感染する病気です。感染しているという自覚症状がわかりづらいものもあって知らないうちに病気が進行することもあります。またそれゆえに自覚のないまま自分がSTDの感染源になっていた、というような危険性もはらんでいます。
STDは性行為でのみ感染します。空気感染や飛沫感染ではないので日常生活において生活を共にしていたとしても性行為がなければ感染しません。例えば食器を共有したり同じ湯船に入ったりしても感染することはありません。
しかしながら性行為があれば常にSTD感染の可能性があります。たとえ自分が特定の一人のパートナーとしか性行為をしなかったとしても過去のパートナー、あるいは今のパートナーの過去の性行為の相手、さらにはその過去の相手が性行為をしてきた相手とつながりをたどっていけば、どこかで誰かがSTDに感染している可能性は限りなく大きくなります。そして一人でも感染していれば自分も自覚のないまま感染している可能性も決してゼロではありません。性行為を経験している以上絶対感染していないと言い切ることが難しいのがSTDです。
これは夫婦の間でも同じです。STD感染に気付かずにそのままにしておくと不妊症の原因になったり、妊娠したとしても流産や早産の原因になることもあります。また出産時に子どもに感染する可能性もあります。
ではSTDについては何をどのように気をつけたら良いのでしょうか。なによりも大切なのは早期の発見と早期の治療です。少しでも不安があれば早めに医療機関へ相談することが大切です。痛みや痒み、膿など具体的な症状があるときはもちろんのこと、症状がなくても不安を感じたなら検査を受けることをおすすめします。最近は郵送で検査を受けることも可能です。また自分だけではなくパートナーも同時に検査を受けることも必要です。どちらか一方が感染していればたとえ治療したとしてもSTDのキャッチボールをしているだけの結果にもなりかねません。
もし運悪く感染していた場合は病院でSTD治療薬を処方してもらい完治させましょう。STD治療薬は基本的に医療機関で処方してもらうことでのみ手にすることができます。風邪薬や胃腸薬のように市中のドラッグストアで購入することはできません。インターネットで個人輸入されたSTD治療薬が販売されていることもありますが、やはり医療機関で処方してもらうのが一番安心でしょう。